ニュースNews一覧

2021-09-26小水力発電所設計のポイント ver-2 の公表について
「小水力発電所設計のポイント ver-2」にバージョンアップしました。 ご覧になりたい方は「事業内容」をクリックして下さい。
2021-07-19小水力発電所設計のポイント ver-1 の公表について
この度、「小水力発電所設計のポイント ver-1」を作成しましたので公表致します。
2021-06-04土木設備実施設計の標準設計価格について
土木設備実施設計の標準設計価格についてのお伝えです。 今まで曖昧でしたので最大出力に応じた目安値です。
2021-05-14弊社6地点目の小水力が運転開始します。
今月5月19日に群馬県川場村川場谷小水力発電所が運転開始します。 弊社設計で6地点目になります。
2021-05-10第9期になりました。
5月より第9期になりました! 継続させて頂いた関係各所に感謝いたします。
2021-03-26長野県某市の実施設計業務を完了しました。
長野県某坂市で計画されてしましたが、実施設計が完了しました。 今まで、一番苦労・苦心しましたね。
2020-09-077月末に長野県上松町の小水力実施設計を納入しました。
長野県木曽地域振興局が地元の「協栄電気興業」さんに発注し、弊社は発電計画全般と土木設備の実施設計を下請けました。
2020-07-03榿ノ木谷川小水力発電所運転開始
令和2年2月に福井県坂井市の榿ノ木谷川小水力発電所(最大出力199kW)が運転開始しました!
2020-07-03第8期になりました。
遅れましたが、今年5月より第8期になりました。
2020-01-012021年明けましておめでとうございます。
2021年明けましておめでとうございます。
ホーム > ニュース > 群馬県某所実施設計完了!

群馬県某所実施設計完了!News

 この地点は小水力とは言え、しっかりした取水工(チロリアン方式)、直下のヘッドタンクから水圧管路を道路埋設し約1.6km導水し発電する本格的な発電所です。
 苦労したのは取水工チロルと水圧管路の設計でした。
 チロルについては、スクリーンの構造を最適化して取水効率を従来より倍増以上にしています。絶対に水を逃さないスクリーンなので事業者さんも安心だと思いますね。
 水圧管路は道路埋設部と露出部であり、材質は設計水圧が1.3Mpa以下はFRPM管、それ以上はダクタイル鋳鉄管のハイブリッドですね。
 これらの水圧管は単管を埋設する道路の平面と縦断形状に合わせて配置する必要があるので、1本1本を図化して設計する必要がありました。
 おおよそ300~400本になるのでボリュームがあり過ぎです。。。
 単管の曲げ角度は水圧管の直径で変化しますが、今回のは最大2°以下です。
 道路の曲りがキツイ部分には2m単管にて曲げ配管しますが、それでも対応できない箇所には高価なベント管を配置した上でスラストブロックにて曲りによる水圧力を抑え込むことになります。
 高価なベント管は極力使用しないように設計しましたが結構な数量になりましたね。。

 もうじき建設を開始されるとのことで今後が楽しみな発電所です。
 見守りたいと思います。

このページのトップへ